小春日(季語・冬)

小春日(季語・冬)

陰暦10月のころ暖かで春に似ている頃のうららかな日のこと。

また、その日ざし。小春日和、小春、小六月ともいう。

冬のはじめのぽかぽかとした暖かな晴れた日のことですね。厳しい寒さの前の春のような頃に言います。

 

小春日の句・・・上野貴子作

小春日の梢赤黄空の青

小春日の背に追ってくる雲の影

(2017・11・24)

 

 

 

紅葉(季語・秋)

紅葉(季語・秋)

秋に木の葉が赤や黄に色付くこと。またはその葉。

この頃では夏が長く秋が短いので紅葉の季節がかなり遅れてきています。東京では10月では早いくらいで11月から12月まで紅葉や黄葉が美しく色付きますね。

 

紅葉の句・・・上野貴子作

年輪を加え大地へ紅葉散る

散る紅葉雲はゆっくり空をゆく

燃え尽きて五百羅漢へ散る紅葉

(2017・11・24)

 

鰯雲(季語・秋)

鰯雲(季語・秋)

空一面に斑点状または列状に広がる雲。

鯖雲、鱗雲、羊雲とも呼ばれ、漁夫は鰯大漁の兆とすると言われています。

 

鰯雲の句

海と空どこまで続く鰯雲・・・貴子

鰯雲空は狭しと浮き標・・・貴子

 

立夏(季語・夏)

立夏(季語・夏)

5月5日頃。二十四節気の一つで夏の始め。

この頃には茶摘みや子供の日など行事や祝日が多くゴールデンウイークです。

このゴールデンウイークがくると野山はすっかり初夏を迎えます。

立夏の句

山の声空の限りに夏立ちぬ・・・貴子

立夏来て大きく背伸びしたくなり・・・貴子

 

卯月(季語・夏)

卯月(うづき)季語・夏

陰暦の4月の異称です。卯の花の咲く頃なのでこう呼ばれています。

五月のこの頃に生ると、野山に白いいい香りのする卯の花が咲き始めます。かわいい花を沢山房状に付ける卯の花が咲き始めると、そろそろ夏になります。

卯月の句

野も山も雨の晴れれば卯月来る・・・貴子

産土の卯月に参るふる神社・・・貴子

 

2017年8・19俳句記念日大会&和文化祭り無事終了。

2017年8・19俳句記念日大会&和文化祭り

8月19日に俳句記念日イベントとして無事終了致しました。

今年は目標以上の応募があり感激しております。

俳句をご応募下さいました皆様ほんとうにありがとうございました。

また、来年も宜しくお願い致しま~~す。

今年の俳句大賞の各賞をご紹介致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8・19俳句記念日大会大賞

エントリーNo.101 俳句「スイカ割りちらっと覗いて頬緩む」平松由夏

FaceBook俳句大会大賞

エントリーNo.358 俳句「生きること許されており終戦忌」土橋みゆき

スペシャル審査員水越浩幸大賞

エントリーNo.288 俳句「失業の夫の味噌汁いと美味し」中島 知子

特別審査員天城映大賞

エントリーNo.484  俳句「一山を一夜に燃やす紅葉かな」齋田友紀子

特別審査員大平有希子大賞

エントリーNo.113 俳句「弟に兄背を越され子どもの日」辻 雅宏

特別審査員渡辺惠子大賞

エントリーNo.419 俳句「絵筆持つ古稀の手習い雲の峰」高橋透水

受賞された皆様おめでとうございました。

(2017・9・2)

俳句検定問題解説が始まりました。

7月より俳句検定問題公開番組がさらに内容を細かく解説されてライブ放送されました。

7月から毎月「俳句講座」の後半30分で一章づつ解説してゆきます。

まずは7月20日放送の過去番組がYoutubeから配信されておりますのでご覧ください。
https://youtu.be/pVzAQujWJRY

全国梅雨明けいよいよ猛暑!

8月になり、全国的に梅雨明けとなりました。

ことしもとうとう35℃を越える猛暑ですね。

熱中症には十分に注意して下さい。こまめな水分補給や無理のないように休息をとることが必要です。

毎年ながい夏が来ると記録的な暑さで大変です。

今年も爽やかな秋が来るまでを楽しくエンジョイしたいものですね。

 

東京梅雨入り

2017年気象庁発表によると6月7日東京では梅雨入りしたとのことです。

これは例年とほど変わらない平均的な気候のようで、梅雨明けは、7月21日頃の予想のようです。

何となく暑い日が続き、5月中に真夏日となりましたが、何とか例年並みの梅雨入りが来て安心しました。

自然の偉大な変化には逆らえない、人間の小ささが身にしますね。

ひどい豪雨や嵐が来ないことを願います。

紫陽花の句はこちら

http://uenotakako.com/?haiku=%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ae%e7%b4%ab%e9%99%bd%e8%8a%b1%e3%81%ae%e5%8f%a5

8・19俳句記念日大会&和文化祭り審査員の大平有希子さんをご紹介

8月19日の俳句記念日イベントに審査員として参加して下さいます大村直子さんをご紹介致します。

フレッシュな大平有希子さんは、合気道をされていて、身を守るための戦わない武道家とおっしゃっています。
このコンセプトはとても重要で、大切な人の命を守るためには必須の知識、技術を身に付けることとして護身術セミナーを開催。大盛況でいらっしゃいます。

プロフィール
戦わない武道家 大平有希子
9歳から合気道を始め今年で19年目。人生の半分以上を費やし今もなお学び続ける。
現在では後輩育成を主にし、延べ100人以上に指導してきている。週に2~3日の稽古を欠かさずしているので、現役バリバリの技術が学べます。父親は元少林寺拳法の先生という、サラブレッド。
そんなのりにのってる大平有希子さんイベント当日のワンポイントレッスンが楽しみですね。
https://www.facebook.com/ronyukiko