俳句検定攻略ページNo5

俳句検定問題攻略集No5展開問題

第1問: 俳句は名句を鑑賞するだけでなく、誰にでも作れる日本特有の韻文ですが、誰にでも親しまれて来たこの俳句が、これから先も日本人のこころを癒し慰めてくれることを期待しています。それでは、この俳句の楽しさには、まず何が上げられるでしょうか?(配点:2点) 

1句会で点を取ること

2日常の生活に発見をもたらすこと

3難しい漢字を覚えること

4応募した句が入賞すること

5選評で褒められること


回答:日常の生活に発見をもたらすこと。 どれも一概には言い切れませんが、俳句を始めるとあらためて毎日の暮らしの視点が変り、一つ一つの発見がとても楽しくなることが、まず第一歩です。

第2問: では、俳句が日本人のこころをとらえて多くのファンを現在まで増やし続けている要因には、次のうちのどんな要因が当てはまるでしょうか?(配点:2点)

1詠むだけでなく投句をすること

2いつでも辞書を手放さずに暮らす

3毎日着物を着て暮らす

4短冊に筆で書くこと

5匿名で出来てだれにも本名を知られずに済む


回答:詠むだけでなく投句をすること。人によりさまざまな考えがありますが、一般的には、読者が作者となる文学であるところが多くのファンを楽しませていると言われています。

第3問: それでは、俳句が江戸時代にまだ歌仙と呼ばれ、何人もの人物と旅の物語りを順番に合作していた頃、この歌仙といえば、何人の人物で詠むものだったのでしょうか?(配点:2点)

1 50人

2 9人

3 99人

4 4人

5 36人


回答:36人:主に三十六歌仙と言われていました。

第4問: 現在はその歌仙で言う発句が独立して俳句の形を取っていますが、さてそれでは、この俳句は現在でも、芭蕉の時代と同じように旅先でその土地土地の季節を詠むことが盛んに好まれています。この旅をしながらの句会を、いったい何と言っているでしょうか?(配点:2点)

1旅吟句会

2紀行句会

3日記句会

4俳句旅

5吟行会


回答:吟行会。風光明媚な観光地から日帰りの小旅行まで、さまざまな企画で各地で行われています。

第5問: 俳句を学び俳句を作る上で、日常の生活の視点が変わることは、大きなよろこびですが、このよろこびこそが、新な俳句を導く大きな力となります。では、この新な俳句を生み出す上で、重要なことは次の内のどれでしょう?(配点:2点)

1文語文法

2漢字力をつける

3速記術を習う

4心情を詠む

5句材を書き写す


回答:心情を詠む。 既成の句の鑑賞だけでなく、自らの心情を俳句に詠み込めるようになることが、現代に生きる作者の個性ある句を生み出す重要な要因でしょう。

第6問: 現在ではさまざまな形の俳句がありますが、世界で最も短い詩であると言われている俳句は、世界中では他に何と呼ばれているでしょうか?(配点:2点)

1ポエム

2メッセージ

3短句

4定型詩

5短詩型


回答:短詩型。よく短歌よりも短い詩の形なのでそう呼ばれているようです。

第7問: 俳句は季節ごとに季語があり暦との関りが深いものですが、春夏秋冬の季節を分ける節目の季語として用いられているのは次のうちのどれでしょうか?(配点:2点)

1七十二候

2太陽暦

3二十四節気

4太陰暦

5日めくり


回答:二十四節気

第8問: それでは、他に良く季節の区分に応用される暦に七十二候がありますが、このなかで俳句によく用いられるものはどれでしょう?(配点:2点)

1雪まつり

2花まつり

3建国記念日

4上弦の月

5半夏生


回答:半夏生

第9問: 俳句には、季語がひとつ必要ですが、時にはこの季語ではなく、キーワードとなる言葉があれば、1句が成立するとみなすことがあります。では、こうした場合の句を何というでしょうか?(配点:2点)

1季語有らずの句

217文字句

3不季節句

4難解句

5無季俳句


回答:無季俳句

第10問: 俳句には、いろいろな決まり事がありますが、時には、その枠に当てはまらない名句もあります。このような新しい感覚の句も、1句が成立するとみなされることもあります。では、こうした場合の俳句のなかで、文語文法に当てはまらない句を主に何というでしょうか?(配点:2点)

1未来句

2不季節句

3難解句

4無節句

5口語俳句


回答:口語俳句

2019年1月20日 | カテゴリー : 俳句検定 | 投稿者 : admin